エンゲージメント&逆境力の高い職場のつくり方と社員がキャリアに向き合う効率的1on1方法 12月8日(木)15:00~17:00

  • 2020.11.9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

omoushikomi

コロナウイルスや働き方改革などにより、現在、リモートワークや時差出勤、フレックスタイム制など働き方の多様化が進んでいます。
メリットが多いことから導入する企業は多くありますが、
現場では、
「相談したいとき、できる環境やタイミングがない、難しい・・」
「相談できる人がいない・・」
「会社と社員に壁を感じる・・」

このような悩みを持つ社員が増えています。

これらの悩みが加速すると、
『離職率の上昇』や『生産性の低下』につながってしまいます。
これらの課題に対し、会社としてはどのような対策をするべきなのでしょうか?

以下に当てはまる会社の人事の方は是非ご参加ください

・離職低下を防ぎたい
・離職の原因が何にあるのかがわからず対策できない
・メンター制度が機能していない
・社員が何に困っているのか、悩んでいるのかがわからない
・苦労して採用してもなかなか定着しない
・魅力的な福利厚生を探している
・社員一人一人がエンゲージメントを高めてほしい

多様化による会社と社員の心の距離

上記でも述べたように、現在働き方の多様化が進んでいます。
さらに現在は便利なコミュニケーションツールも普及しているため、会話をせずとも仕事を進められる環境が作りやすいと言えます。

しかし、便利なツールが普及する半面、社員同士の対面コミュニケーションのきっかけが少なくなっており、オフラインが中心の働き方の時と比べ、心の距離が開きやすい状況ができてしまいました。

下記のデータの通り、部下と上司の会話は減少傾向にあります。
特に注目したいところとしては、「雑談」の時間が大幅に減少しており、相談するタイミングがとりにくい、関係性を築きにくいことがうかがえます。

(出展:日経BPコンサルティング「新型コロナウイルス感染拡大による影響とデジタルシフトへの現状と課題についてインターネットアンケート調査」)

社員の離職を防止し、一人一人が安心して働ける環境を作るために

第1部では、離職率が低くエンゲージメントの高い職場になるための組織づくりへのきっかけをご提供します。「ウェルビーイング」や「レジリエンス」というテーマを用い、エンゲージメントを高めることで若手社員が困難や逆境を乗り越えて成長し続ける方法についてご説明いたします。
ティール組織のひとつの形態でもあるホラクラシー組織に移行したザッポスやLEGOなどの事例にも触れながら、他ではあまり聞けない視点からエンゲージメントの高め方をお伝えしていきます。

第2部では、国家資格キャリアコンサルタントと企業の中で相談したい人をマッチングするサービスKakedas(カケダス)をご紹介します。
SDGs「ターゲット8」のこの命題は、幸せのパラドクスとも言われています。
離職率が高い、モチベーションが低い、それらの課題は、従業員のキャリア自律に起因しています。働く人のWell-beingを追求する、個別最適化した研修を届けるカケダスが、今の時代になぜ求められているのかを解説します。

セミナー概要

15:00~17:00
第1部:「エンゲージメント」と「逆境力」の高い職場のつくり方
~レジリエンス資源を増やしてウェルビーイングを高める~

第2部:『働きがいと経済成長を両立するためには
〜21世紀を代表するインフラ企業、カケダスの挑戦〜』

登壇者プロフィール

第1部
佐々木 拓哉(ささき たくや)
株式会社ヒューマンブリッジ 代表取締役
一般社団法人日本エンゲージメント協会 代表理事
米Gallup認定ストレングスコーチ
組織レジリエンス認定トレーナー

sasakitakuya
・経営・人事コンサルティングの上場会社にて、顧客企業のコンサルティングを担当
・人事戦略コンサルティング、組織開発・研修会社にて、顧客企業のコンサルティングや営業基盤構築プロジェクトを主導
・2009年に株式会社ヒューマンブリッジを設立
採用・教育・評価制度等の人事コンサルティングや研修講師に従事
・2011年にJPPA(日本ポジティブ心理学協会)の立ち上げに参画、事務局長・法人普及リーダーを務め、レジリエンスやポジティブ心理学の組織応用を促進
・2018年にJEA(日本エンゲージメント協会)を立ち上げ代表理事に就任

第2部
渋川 駿伍(しぶかわ しゅんご)
株式会社Kakedas 代表取締役
人生のミッションは「社会のワクワクの総量を増やす」こと。
高校時代は地元長野県で高校生カフェを創設。
卒業後は1年間のギャップイヤーを取得。
日本をヒッチハイクで周り、お金を使わない実験やインターンシップを経て、日本ポップコーン協会設立。
同年、MITのMicroMastersプログラムに進学。
自身の経験から、Kakedasのサービスに至る。

情報経営イノベーション大学客員教員
TBS『マツコの知らない世界』
News Picks『The Update』他多数出演

本セミナーやコンテンツにご興味はあるけれども、当日の都合が合わず参加できない方は、申込フォームにてその旨をご連絡頂けましたら、当社スタッフが直接ご説明にお伺いいたします。

開催日 2020年12月8日(木)15:00~17:00
(第1部:15:00~16:20、第2部:16:20~17:00)

別日での開催希望もしくはレポートの提供を希望される方は別途ご連絡ください。

受講料 無料
会場 オンライン開催
※お申し込み後詳細のご案内をいたします
共催 株式会社Kakedas
株式会社ヒューマンブリッジ
備考 ・日程を変更する場合があります。
・内容は多少変更することがあります。ご了承下さい。
・都内別会場に変更する場合があります。
・個人及び同業の方はお断りすることがあります。

omoushikomi

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020.11.18

    第1期 レジリエンス3.0 プラクティショナー養成プログラム (全5回オンライン開催)  ~未曽有の逆境を乗り越え、新しい時代を作る人材育成のために~  初回1月13日(水)

    なぜいまレジリエンス3.0なのか?いま新型コロナによって世界的に逆境が訪れています。
  2. 2020.11.17

    これまでのやり方は通用しない!~ニューノーマル時代の人事に求められる企画力講座~ ※オンライン開催 12月2日(水)、12月8日(火) 、12月18日(金) 19:00~21:00

    新型コロナウイルスの影響をうけ、私たちの働き方はかつてない程に大きく変化しています。
  3. 2020.11.10

    ≪オンライン開催≫ ウェルビーイング向上のためのモーニングアクティビティ ~30種類の科学的根拠のあるワークを実践~ 2020年11月30日 8:00~9:00

    実施の背景新型コロナウイルスの影響で、世界各国で大きな不安が広がり、一時的にとはいえ幸福度は大幅...