人事総合支援事業:リソース

【エンゲージメント】

「当該組織に対して強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っていること」などと訳されるもので、その会社で仕事をすること自体に内発的に動機づいている」ことです。
内発的に動機づいている状態においては、その行動への学習や成長意欲が非常に高い状態になります。
 
そして、企業にとって重要な指標であるなどに、定着率/離職率、顧客満足度、安全性、生産性、利益などに、エンゲージメントが直接相関していることがわかっています。
;

【学習環境デザイン】


『人は、内発的な欲求の源泉として「自律性への欲求」「有能さへの欲求」「関係性への欲求」を持っており(エドワード・Lデシ)、その欲求を満たすために、自ら周囲のリソースにアプローチし、そのリソースに対して意味を形成する。そのことが学習であり、そのプロセスを通し成長していくものである』とヒューマンブリッジでは考えています。
つまり、学習環境デザインとは、 人が『自ら』アプローチし『意味を形成』していくための、 様々なリソースとその配置をデザインしていくことです。

【ポジティブ心理学】

ネガティブな面に着目していた従来の心理学とは違い、 健常者が卓越したパフォーマンスを発揮するうえでの人間の心理を科学的な検証・実証のもとに研究している心理学です。
 当社代表が一般社団法人日本ポジティブ心理学協会の事務局長として立ち上げに関与しました。

日本ポジティブ心理学協会

世界の多種多様な現場で広がりを見せるポジティブ心理学

ポジティブ心理学の父の一人、チクセントミハイ博士がTED会議で「フロー理論」について語ったビデオです。

日本語字幕あり、クリックして下さい

ポジティブ心理学が創設されて以来、欧米を中心に急速に関心が高まり、多くの大学・大学院や民間組織でポジティブ心理学の授業が開講され、毎年数々の関連書籍が出版され、世界各地で定期的に国際会議が開催されています。TVや、新聞・雑誌などのメディアでも、ポジティブ心理学の特集や、ポジティブ心理学に言及した関連番組・記事の事例は枚挙に暇がありません。

●2007年にはペンシルベニア大学によるイニシアティブとして「国際ポジティブ心理学会」(IPPA)が設立され、2009年の同学会主催の世界大会では世界50カ国以上から研究者や実践家たちが集い、1,500人以上もの参加者数を記録しました。また、近年では、アジアでも関心の高まりが形となって現れ、日本の大学・大学院でもポジティブ心理学のコースが開講されるほか、昨年は中国とインドでそれぞれ初のポジティブ心理学国際会議が開催されました。

●国際会議では参加者の大多数を占めるなど、ポジティブ心理学の隆盛には実践家たちの存在が大きく関わっていますが、コーチングやコンサルティングをはじめ、カウンセリングやセラピーでも、ポジティブ心理学の基本概念が取り入れられ、幅広く活用されています。例えば、「ポジティブ心理学コーチング」や「ポジティブサイコセラピー」といった分野は、従来のコーチングやセラピーの実践にポジティブ心理学の基本概念を取り入れ、新たなアプローチを創出しようとする動きに由来しています。中でも特に、コーチングについては、学術的理論が欠落したままでコーチング産業が発展してきた事実を受け、ポジティブ心理学をコーチングに積極的に取り入れることによりコーチング理論の構築を行なおうとする動きが、近年、欧米の諸大学を中心に見受けられます。

●「ポジティブ組織論」(Positive Organizational Scholarship)や「ポジティブ組織行動学」(Positive Organizational Behavior)といった、ポジティブ心理学に先行して研究が続けられてきた経営学分野にも熱い注目が集まっています。ミシガン大学ビジネススクールやネブラスカ大学経営学部での取り組みをはじめ、ハーバード大学、スタンフォード大学、ペンシルベニア大学などの著名なビジネススクールでもポジティブ心理学研究が行なわれています。日本では、神戸大学大学院経営学研究科などで先駆的な取り組みがなされています。また、米国トヨタ・ユニバーシティでは、ポジティブ心理学を応用した社員教育カリキュラムが好評を博しています。

●マイクロソフト社やグーグル社などの各種大手企業や、コンサルティング会社をはじめ、ベンチャー企業や法律事務所などでもポジティブ心理学の導入が進められ、それぞれの応用事例が研究されています。日本でも、企業や学校における「フロー理論」の導入など、第一線の研究者たちによる取り組みがメディアでも取り上げられています。

●政府レベルでも世界各国でポジティブ心理学の活用が進められています。イギリスではケンブリッジ大学の研究者たちが中心となり、「ウェルビーイング政策」の制定を政府に提言するに至っています。米国防総省では陸軍兵士に対する大規模な教育プログラムとして、ペンシルベニア大学が指導する「レジリエンス・トレーニング」をはじめ、グローバルアセスメントツール(GAT)という測定尺度を用いて、感情面、社会生活面、家庭生活面、精神面、身体面それぞれのウェルビーイング状態を管理するシステムを導入し、ドイツ、韓国もその動きに続いています。また、イギリスやオーストラリアでは教育省主導で小学校から高等学校にかけて「ポジティブ教育(ウェルビーイング教育)」が積極的に実践され、確実な成果を上げています。中国教育省でも、2050年に向けて「ポジティブ教育」の導入を検討していくという宣言がなされています。フランス法務省では刑務所にポジティブ心理学の考え方を活用するという試みが話題となっています。

ピックアップ記事

  1. HRkeisu_2

    2017.6.29

    【人事としての計数感覚養成講座】人事は知らなきゃイケない!会社数字の見方・活かし方 ~自分の人事業務を会社数字と連動させて語れますか?~7月25日(火)

    以下の問いに会社数字(財務諸表)を使って明確に回答できないなら参加をお勧めします!Q:新卒採...
  2. resitop

    2017.6.27

    【無料研修体験】逆境やストレスを糧に成長する力”レジリエンス”~メンタルヘルス0次予防とパフォーマンス向上を同時に実現する教育メソッド~7月20日(木)15:00~18:00

    以下のことをお考えの、人事担当者様必見の内容です!1.メンタルヘルス対策における0次予防のヒ...
  3. 170721採用交流会セミナー画像

    2017.6.6

    【第6回 新卒採用担当者向け交流会】他社採用担当者の「生の声」を通じで18卒採用を振り返る ~他社の18卒はどうだった?19卒に向けてどう動いている?~7月21日(金)15:00~18:30

    他社の新卒採用担当者にこんなことを聞いてみたくありませんか?・18卒は何が上手くいったか...