※日程変更※【11月26日(金)14:00~】才能を生かして 人事業務のパフォーマンスUP! ストレングスファインダー基礎講座

  • 2021.7.1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

omoushikomi

~強みを生かして人事の仕事のパフォーマンスを上げませんか?~

突然ですが、自分の強みを生かして仕事をしていますか?
強みを生かして仕事ができると以下のようなパフォーマンスを発揮できます。


例えば《採用》なら、、
・説明会で学生の前で自社の社風や業務について語れる
・面接の際、学生の本音を聞き出すことができる
・自身が面接した学生は他の担当者よりも承諾率が高い

例えば《評価制度》なら、、
・社員のモチベーションを高める評価制度を運用している
・社員が評価に不満を持っていない

例えば《社員教育》なら、、
・どんどん社員が成長している
・研修の際、受講者満足度が高い

例えば《労務関係》なら、、
・利用率の高い福利厚生制度を導入している
・給与計算や手続き業務を効率的に行えている

ビジネスパーソンとして自分の「強み」を意識することはとても大切です。
それだけで業務のパフォーマンスは大きくあがります。

自己分析などで自身の強みについて考えることもあるかと思いますが、
「強み」を”明確に”認識することが高パフォーマンスにつながります。

才能を活かして自信につなげる

強みを調べるツールとしてお勧めしたいのが「ストレングスファインダー(正式名称:クリフトン・ストレングス)」です。

ストレングスファインダーはアメリカの世論調査会社・ギャラップ社が開発した才能発見テストで、世界2,400万人以上が診断している、世界で最も多くの人が受験しているビジネスオンライン診断ツールです。
人が持つ様々な才能をあらゆる角度から抽出し、その才能をトレーニングすることで「強み」となり、自身の能力としてパフォーマンスにつなげることができます。
「強み」の種類が増えたり、たくさん活用していくことで「自信」へとつなげることができます。
ストレングスファインダーの良いところとして、弱いところを改善するのではなく、強みで苦手なところをカバーしていくことにあります。

StrengthsFinder®ストレングスファインダーとは

DCビジネス上で成果を出している強みの源泉となっている『才能(思考・感情・行動のパターン)の束である資質』をオンライン上で発見できるツールです。
世論調査や組織コンサルティングで世界的に有名なギャラップ社により開発されました。

ストレングスファインダーは、「相手が間違っているところに固執するのではなく、相手の正しいところを考えたのなら何が起こるだろうか?」「弱みを改善するよりも、強みを活かすことの方が効果的」というドナルド・クリフトン(ポジティブ心理学の祖父)の考え方に基づいています。

強み(才能・資質)を活かすと

・人生への洞察力や展望が養われる
・ストレスを感じにくく疲れにくい
・楽観性やレジリエンスが生まれる
・自信・想像力・自尊心が高まる
・生命力やエネルギーが高まる
・幸福感や充足感が生まれる
・目標を達成しやすくなる
・学ぶこと自体が楽しく上達も早い
・集中力が高まり能力を発揮しやすい
・毎日の生産性が7.8%向上している
・仕事へのエンゲージメントが6倍高い
・強みに関するフィードバックを受けているチームは、収益性が8.9%高い
・日常的に強みを重視しているチームは、生産性が12.5%高い

講座内容

今回はストレングスファインダーを通して自身の才能を見つけ、仕事のパフォーマンスにどう活かしていくのかをワークを通して考えていきます。
更にストレングスファインダーを理解することで、ご自身のパフォーマンス向上を目指すだけでなく、同僚とのかかわり方、同僚の良いところを活かす方法などについても学んでいっていただけたらと思います。

カリキュラム

14:00~17:00
■才能と強み
■ストレングスファインダーとは
■強みを活かす基本サイクル①
■強みを活かす基本サイクル②
■強みを活かす基本サイクル③
■弱みへの対処

講師プロフィール

佐々木 拓哉(ささき たくや) sasakitakuya
株式会社ヒューマンブリッジ 代表取締役
一般社団法人日本エンゲージメント協会 代表理事
米Gallup認定ストレングスコーチ
組織レジリエンス認定トレーナー
ポジティブ心理学プラクティショナー

・経営・人事コンサルティングの上場会社にて、顧客企業のコンサルティングを担当
・人事戦略コンサルティング、組織開発・研修会社にて、顧客企業のコンサルティングや営業基盤構築プロジェクトを主導
・2009年に株式会社ヒューマンブリッジを設立
採用・教育・評価制度等の人事コンサルティングや研修講師に従事
・2011年にJPPA(日本ポジティブ心理学協会)の立ち上げに参画、事務局長・法人普及リーダーを務め、レジリエンスやポジティブ心理学の組織応用を促進
・2018年にJEA(日本エンゲージメント協会)を立ち上げ代表理事に就任

【プライベート】
・北海道生まれ(6歳まで)
・神奈川育ち(川崎・横浜)
・小中高はずっと野球部
・6歳上の妻、小学校3年生の息子
・2019年にモルック日本代表として世界大会に出場!
国別対抗戦ベスト8 JMA公式個人大会日本1位

開催日 ※現在日程変更中※ 2021年11月26日(金) 14:00~17:00(13:50より入室できます)
別日での開催を希望される方は別途ご連絡ください。
開催方法 オンラインツール「Zoom」を使用
※通信環境の良いところでご参加ください
参加条件 自社の社員研修に携わる経営者様・人事担当者様
参加費 通常価格:税抜 5,000円(税込5,500円)
※ストレングスファインダーを受けたことが無い方は、受検料を頂戴いたします
※HRZoo会員無料ご招待!
HRZoo会員特典
・ストレングスファインダーを特別料金にてご提供いたします!
・参加費が無料!
※HRZooの詳しい情報はこちらよりご覧ください。
支払方法  クレジット決済もしくは銀行振込
主催 株式会社ヒューマンブリッジ
備考 ・事前にストレングスファインダー®の結果を送付ください
(結果を用いて進めていきます)
・通信環境の問題から、画質や通信関係の保証はできかねます
・日程を変更する場合があります。
・内容は多少変更することがあります。ご了承下さい。
・個人及び同業の方はお断りすることがあります。

omoushikomi

ストレングスファインダーや「強み」への現在の注目度

ストレングスファインダーは日本で70万人、世界では2000万人もの人が受検し、受検コードが付いている「さぁ、才能に目覚めよう!」ストレングスファインダーは、多くの書店でも何年も平積みにされ続けているほどのベストセラー書籍です。

bookst

さらに、オバマ元大統領が登壇したことでも大きな注目を浴びた、2018年5月に開催されたATD(Association for Talent Development)にて、ギャラップ社の上級研究員としての20年近く、強みを明らかにし、パフォーマンスを向上させることに焦点を当てた研究者でもあり、「強み革命」の主導者でもあるマーカス・バッキンガムが発信したメッセージによってさらに「強み」を活かすことへの注目度が高くなりました。

トヨタ、Facebook、Lululemon、Coca-Cola、Box, Master Foods、Wells Fargo、Microsoft、
Disneyなど、数々の企業と協力して、従業員一人ひとりが自身の強みを見出し、人生で成功し続けることをインスパイアしました。
ATD

世界の心理学の潮流はポジティブ心理学

ストレングスファインダーの生みの親であるドナルド・クリフトンの貢献もあって、「強み」は、現在の心理学の潮流でもあるポジティブ心理学においても主要な研究テーマとなっています。
強みを活かすことは、レジリエンスウェルビーイングを高めることに寄与し、ビジネスパフォーマンスを向上させるだけではなく、人生を豊かにしてくれるものでもあります。

posi

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021.10.13

    【無料開催】これからの人材開発とマネジメント
    多様化する職場における“遊び”の可能性  11月26日(金)14:00~15:00

    職場で起きている「分散」にどう向き合うか?テクノロジーの進展や個人の価値観の多様化が進んでいます...
  2. 2021.10.5

    採用したい学生を見抜き・採用したい学生に選ばれる企業になる方法
    ミスマッチを減らすエンゲージメント採用&企業説明がうまくいく共感ストーリー  11月2日(火)14:00~16:00

    採用の問題点皆さまの会社ではすでに内定を出し終えているころだと思います。
  3. 2021.9.30

    【10月29日(金)14:00~】オンライン対戦型 チームビルディング研修 無料体験会
    艦隊戦ゲームで学ぶ適応力の高いチーム作り

    本体験会は、株式会社K-7が提供しているオンライン対戦型チームビルディング研修の経営者・人事担当...