【無料セミナー】「心理的安全性」のあるチームづくりの基礎とは~性格統計学で見る4タイプ~  6月9日(木)13:00~15:00

  • 2022.3.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

omoushikomi

自社の社員に以下のようなお悩みを持つ社員教育のご担当者様はぜひご参加ください

・社内の無駄なやり取りを減らしたい
・社内コミュニケーションのすれ違いが気になっている
・オンラインでの報連相が上手くいかない
・社員のメンタルが弱く、すぐ落ち込む
・主体的に動けず、頼まないと何もやってくれない
・上司の指示に部下が従わない
・やる気がないのか仕事が進まない
・パワハラの対策を行いたい
など・・・

なぜ伝えたいことが伝わらないのか

業務の中でこんな経験はないでしょうか?
・部下に「〇〇を進めておいて」と言ったのに、いつまで待っても報連相がない
・一体今仕事がどうなっているのか分からない
・上記の状態が起こっているため無駄なやり取りが生まれる
・結果的にこちらの労力がかかる、、、

しっかり指示しているつもりなのに、業務が進まない状況は本人達にとっても指示を出している側としてもイライラ・モヤモヤしてしまい雰囲気はよくないでしょう。
実はこのような状況は、お互いの「伝え方」と「受け取り方」のズレが引き起こすコミュニケーション・ギャップが原因となっています。
特に最近は、リモートワークの普及により、コミュニケーション・ギャップが起こりやすい環境になってしまいました。

このような状態では、業務の生産性は下がり、社内の雰囲気も悪くなり、最終的にはエンゲージメントが下がり、離職にまで発展したりと悪循環を招く可能性があります。
それでは、コミュニケーション・ギャップを減らすにはどのようにすればよいのでしょうか?

相手を知ることで分かる効果的な「伝え方」

そもそもコミュニケーション・ギャップはなぜ起こるのでしょうか?

それは、人はそれぞれ感情があり、受け取り方が違うことにあります。
例えば仕事の成果を上司に見せたときに
「すごい!」「よくがんばったね!」と褒められたとします。
その時部下はどんな感情を抱くでしょうか?
多くの場合は「褒められてうれしい」「認めてもらえた」「もっと頑張ろう」などとポジティブに受け取られると思って声をかけるでしょう。
しかし、こんな感情を抱く人がいてもおかしくありません。
「そんなに褒めて何か裏があるのかな」
「抽象的なほめ方だけど、本当にいいと思っているのかな」
「褒めればいいと思ってないかな」
ネガティブな受け取り方のようですが、決して悪気があって思っているわけではありません。
単に思考の違いでこのように受け取っているだけだったりします。

このように相手が喜ぶ接し方、不快に感じる接し方、相手が接しやすいコミュニケーション方法をとることでコミュニケーション・ギャップは大幅に軽減できます。
更にコミュニケーション・ギャップが減ることで、心理的安全性を高めることが出来ます。
心理的安全性が高い組織は、
・社員が主体的に動くことが出来る
・社員同士で自然と協力できる体制が出来る
・建設的な議論が出来る

等のメリットがあります。

コミュニケーション・ギャップを減らすことは、個人にとっても、会社にとって大事なことなのです。

セミナーの内容

そこで、今回は『人間はたったの4タイプ 仕事の悩みは「性格統計学」ですべて解決する!』(セブン&アイ出版)、『たった一言で部下が自分から動くすごい伝え方』(WAVE出版)等を著者に持つ、性格統計学のプロフェッショナル稲場氏を講師に迎え、性格統計学に基づくタイプ別診断を用いて、生産性の上がるコミュニケーション・ギャップが少ない伝え方についてお伝えしていきます。
セミナー内では円滑な人間関係をサポートする世界初のコミュニケーション支援アプリ「伝え方ラボ」を使用し、より的確なコミュニケーション方法をご提案させていただきます。

プログラム

13:00~15:00
●なぜ社内でコミュニケーションがすれ違うのか?
●性格統計学とは
●人によって見え方・聞こえ方が違う(ワーク)
●あなたは何タイプ?4タイプ・性格の特徴とタブー
●タイプ別・やる気を引き出すほめ方
●組織のパワーバランス サッカー”なでしこジャパン”、”岡田ジャパン”で検証

※プログラムの内容は、変更になることがあります。予めご了承ください。

講師プロフィール

稲場 真由美(いなば まゆみ)
株式会社 ジェイ・バン 代表取締役
一般社団法人日本ライフコミュニケーション協会代表理事

人間関係研究家。16年間のべ12万人の統計データによるコミュニケーションメソッド「性格統計学」を考案開発。これは、かつて自身の人間関係が原因で倒産寸前に陥り、
組織再生のために生み出した方法で、実践して4年で28倍の売り上げにV字回復。2018年、性格統計学を搭載したクラウドアプリ「伝え方ラボ」を完成。現在、法人向けの研修や人事コンサルティングで「伝え方」による具体策を提案し、組織の課題解決に貢献している。

【現在連載中の記事】
◎月間人事マネジメント連載にて(ビジネスパブリッシング社発行)
「たった一言で組織が変わる!すごい人事の処方箋」
◎三菱UFJビジネススクエ ア・WEB コラム「視点」にて
「タイプ別・部下が動く指導法」

《著書》
●『人間はたったの4タイプ 仕事の悩みは「性格統計学」ですべて解決する!

(セブン&アイ出版)

●『たった一言で部下が自分から動くすごい伝え方』(WAVE出版)

HRZoo特典!

何と今回、HRZooの会員様限定で、

稲場講師の著書『たった一言で部下が自分から動くすごい伝え方』(WAVE出版)

をプレゼント致します!

 

 

HRZooの詳しい情報については、こちらをご覧ください。
※入会方法については別途メールにてご案内致しますので、申し込み時に「HRZoo」とご記載ください。

開催日 2022年6月9日(木)13:00~15:00(12:50より入室できます)
別日での開催をご希望される方は別途ご連絡ください。
受講料 無料
開催方法 オンラインツール「Zoom」を使用
※通信環境の良いところでご参加ください
対象 自社の採用に携わる経営者様、人事担当者様
HRZoo会員特典
著書『たった一言で部下が自分から動くすごい伝え方』プレゼント!
共催 株式会社ジェイ・バン
株式会社ヒューマンブリッジ
備考 ・通信環境の問題から、画質や通信関係の保証はできかねます。
・講義日程を変更する場合があります。
・ディスカッションの際は音声と映像をONの状態でご参加ください。
・講座内容は多少変更することがあります。ご了承ください。
・個人及び同業の方はお断りすることがあります。


omoushikomi

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.5.11

    【無料オンラインセミナー】 焚火が高めるリモートワークでのエンゲージメント!
    メンバーの会話を生み、組織に話しやすさをつくりだす秘訣とは? 6月3日(金)13:30~14:30

    エンゲージメントや心理的安全性を高めるために重要な要素である従業員同士の話しやすさ。
  2. 2022.5.10

    【無料オンラインセミナー】入社後のミスマッチを大幅に減らす!エンゲージメントの高い社員を採用する方法 6月28日(火)13:00~14:00

    下記をお考えの採用担当者の方はぜひご参加ください・現代に合った最新の採用手法に興味があ...
  3. 2022.5.6

    【無料オンラインセミナー】今すぐできる!従業員エンゲージメント向上施策とニューノーマル時代の福利厚生 6月21日(火)13:00~13:50

    下記をお考えの人事担当者様はぜひご参加ください・リモートワークやハイブリットワークの普...