人事とHBインターン生の交流会 新卒の早期離職フラグを見極めろ!就活生と考えるイマドキ新卒の本音 /7月29日(金)18:00~19:30

  • 2022.6.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

omoushikomi

新卒の研修が終わり、いよいよ本格的に戦力として働いてもらう時期に入っているのではないでしょうか?

しかし、この時期に退職者が出てきてしまうこともしばしば…
実際、7月の時点で新卒採用を行った企業で退職した社員がいる企業は31%いるというデータや、3年以内の早期離職者の中では半年以内に辞める割合が25.9%に及ぶというデータもあります。

出展:Manegyによる調査(2019年7月)

Q.3年以内離職に占める半年未満の割合
出展:リクルートワークス研究所による調査(2020年)

新卒の3年以内離職の原因の2018年の内閣府の調査によると、
・仕事が自分に合わなかった
・人間関係がよくなかった
・労働時間、休日、休暇の条件がよくなかった
が上位3項目となっています。

しかし、調査などで原因は分かっていても早期離職とされる3年以内の離職率は30%前後とほぼ横ばい状態…

これらを解決するには入社前後のギャップをなくすことが重要です。
つまり、入社前の採用活動から対策を講じる必要がある!

これらのことから、
・他の企業はどのように対策を行っているの?
・入社後のギャップはどうしたら無くせる?
・辞めてしまう原因は分かるけど、改善できていないのはなぜ?
・採用活動の時点で行うべき対策とは?

というような悩みや疑問がある方もいるのではないでしょうか。

今回のオンライン交流会では、ヒューマンブリッジの23卒インターン生と人事の方々で、
・採用活動の際と入社時のギャップをなくす為にできること
・今までの取り組みで新卒の早期離職に対する成功事例、失敗事例、対策方法の意見交換
・入社前に就活生が知りたいこと、行ってほしい採用活動とは
・就活生が入社する際に不安に思うことと、その不安を取り除く為にできること
など、採用活動からできる対策をメインに意見交換をしていきます。
当日はインターン生が独自に集めた新卒の人の意見も共有できればと考えております!

現役就活生から企業の採用活動で行ってほしいことや改善点を聞くことで、入社後のギャップをなくす為に採用活動からできる離職対策のヒントが得られます!
就活生・他企業の人事の方と話し、離職理由の本質を見抜いて新卒の早期離職に対して新たな糸口を見つけていきましょう!

今回の交流会では、ファシリテーター1名、人事の方、生の声を伝える学生1〜2名のグループになって意見交換をします。これをメンバーを変えて3回行います。
*参加者の人数によってグループ構成や回数を変更する場合があります。

この機会に是非、他の企業の取り組みや就活生の考えを聞き、早期離職対策のヒントが見つかれば幸いです。

*事前に参加者にテーマに関する聞きたいことや話したい話題をアンケートで伺います。

カリキュラム

18:00~19:30

1.交流会の目的、説明

2.アイスブレイク

3.グループセッション

4.閉会

※カリキュラムは当日により、多少変更する場合がございます

ファシリテータープロフィール

◆学生ファシリテーター◆

倉茂 美佳(くらしげ みか)
専修大学経済学部経済学科4年生
株式会社ヒューマンブリッジ インターン
神奈川県出身

大学では主に企業、地域に関する経済学を専攻。
企業の成長戦略やイノベーション戦略をテーマとしたゼミナールに所属し、チームでの大学ビジネスコンテスト出場やグループ研究を行いながら経済学を勉強中。
これらのチーム活動では、チームを支えることが好きな性格を活かしている。

就職活動をしている際にヒューマンブリッジを知り、インターン生として活動を始める。
現在は他のインターン生とも協力しながら主にHRZooの仕事に携わっている。

田中 歩夢(たなか あゆむ)
帝京大学 経済学部経営学科在籍 現4年生
株式会社ヒューマンブリッジ インターン
埼玉県出身

≪趣味・特技≫
ソフトテニス(中学生から競技歴8年大学ではサークルの立ち上げも経験)
「誰かやる?いや、俺がやる」
「行動した先に、学びあり」を大切に考えている。
その結果、ソフトテニスサークルが自分の大学にないことから友人と二人でサークルの立ち上げをし、休み時間になると地道にキャンパス内を歩いている人に声かけすることで、サークルを30人までに拡大することに成功する。現在はそこで会長を務める。

また、友人の誘いから小学生に衣類廃棄の深刻さを知ってもらうイベントを企画。
企画を形にする難しさや、集客の厳しさを学ぶ。

現在は、
夢や目標を持ち、それに向かって活き活きと行動する人を増やし、社会の活性化を実現していくことをMissionに感銘と共感し、応募。株式会社ヒューマンブリッジでインターンをしている。
《Strength finder TOP5》
1.最上思考 2.活発性 3.着想 4.達成欲 5.コミュニケーション


柏木 晴登(かしわぎ はると)
関東学院大学 人間共生学部 共生デザイン学科4年
株式会社ヒューマンブリッジ インターン

みなさんこんにちは!株式会社ヒューマンブリッジでインターンをさせて頂いている柏木晴登です!
とにかく遊ぶことや、わくわくすることが大好きで、興味を持ったことに挑戦して経験を得られるよう日々過ごしています!

現在神奈川県横浜市と提携した、地域活性化プロジェクトを牽引していたり、大人数が参加するイベントを普段から計画したりと企画力の腕を磨いているので、HRZOOの楽しい企画作りに貢献したいと思っています!
今後とも宜しくお願いします!!

赤田 岳彦(あかだ たけひこ)
株式会社ヒューマンブリッジ
認定レジリエンス・トレーニング講師
Executive Certificate in Resilience Training Instructor

MR認定資格、臨床検査技師国家資格
2019年モルック日本代表(フランス世界大会出場)

大学を卒業後、国内医療機器最大手のテルモ株式会社と英国最大の製薬企業グラクソ・スミスクライン株式会社にてMRとして医薬品の情報提供活動を行う。
自社医薬品の情報提供をする傍ら、医師や看護師に向けた研究会・勉強会の企画や、講師としてうつや双極性障害の治療として抗精神薬や認知行動療法の情報提供を実施し、医薬品に関する学習機会を提供してきた。
その後、株式会社ヒューマンブリッジの専務取締役に就任し、人事コンサルタントとして企業の採用支援や社員の教育体系の構築、内製化支援を行いながら、自身もレジリエンス・トレーニング講師として活動する。
《Strength finder TOP5》
1.個別化 2.着想 3.収集心 4.学習欲 5.適応性

開催日 2022年7月29日(金)18:00~19:30
参加費 無料
開催方法 オンラインツール「Zoom」を使用
※通信環境の良いところでご参加ください
対象 人事の方、企業の採用に携わるお仕事の方
特にHRZoo会員様は大歓迎!
HRZoo会員特典
ご参加いただくとポイントが付与されます
主催 株式会社ヒューマンブリッジ
備考 ・通信環境の問題から、画質や通信関係の保証はできかねます。
・日程を変更する場合があります。
・内容は多少変更することがあります。ご了承下さい。
・映像と音声はONでご参加ください。

omoushikomi

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022.8.18

    【人事にまつわる課題】職場でのメンタル不調者が多いのはなぜ?
    ―不調者の症状とその対処法から予防策まで―【経験者が語る】

    突然ですが、「メンタル不調者」について、どのような症状が、具体的に「メンタル不調な状態」となるのか...
  2. 2022.8.5

    【人事にまつわる課題】経営陣と現場での採用ミスマッチを無くしたい!

    採用で人材確保ができたのにもかかわらず、いざ現場へ送り出すと「思っていた人材ではない」という話が。
  3. 2022.7.28

    【人事にまつわる課題】求める人物像にマッチする人材に出会うためには?
    企業がすべき2つのこと

    とある人事部の声・・・「応募はあるが、いい人材を採用できない。