●2012年1月18日HRセミナー開催【研修無料体験会】財務ゲーム「パースペクティブ」

  • 2012.1.5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRセミナー
【研修無料体験会】
財務ゲーム「パースペクティブ」


財務会計ビジネスゲーム「パースペクティブ」の人事向け無料体験会を実施します。 本ビジネスゲームは、財務を前面に出し、係数感覚を養いつつも、同時に視座を高め、経営感覚を醸成できる研修として、好評をいただいております。

パースペクティブの開発背景

多くの会社員が書店で一度は財務の書籍を手にしたことがあると思います。しかし、書籍を開き、その難解なイメージなどから「必要」という思いとは裏腹にそれ以上先にすすめずにいました。また、業務に直結せず、難しいから実施しても受講生からの評判が悪いのではないかという理由から、社内で行われる研修は、「公募型」「カフェテリアプラン」などの任意参加の研修にとどまり、 中々裾野が広がっておりませんでした。また、多くの人にニーズがあり、社外講師に発注すると費用が膨大になるのも、普及していない理由の一つでした。パースペクティブはこれらをすべてクリアすることを目指し、作成されました。

パースペクティブとは

パースペクティブは、財務の全体観を学ぶビジネスゲーム研修です。参加者はベンチャー企業を立ち上げます。自己資本利益率を高めたチームが優勝です。 固定費がのしかかる採用、巨額の設備投資、売上の成長が止まると急激に苦しくなる資金繰り、利払いに苦しむ借り入れ、エンジェル投資家の資本参加など葛藤状態の中で意思決定を下しながら、そのプロセスで参加者は財務の全体観を学びます。

パースペクティブの学びのポイント

1.財務三表の全体像の理解
2. 勘定足りて銭足らず(黒字倒産)の概念を理解
3. 売上の重要性と資本の意味の理解
4. 良い黒字とわるい黒字の理解

パースペクティブの特徴

●講義では「暗記」を重視しています。効率的に暗記できるようにプログラム学習の仕組みを取り入れています。
●財務三表すべてを独力で作成する経験を通じて、財務三表のつながりが効率的に理解できます。
●ゲーム中には、資金が慢性的に不足します。借り入れか資本参加を募ることで資金繰りを行います。
●休憩時間も受講生が席を離れず一心不乱に議論をしている姿が見られます。

実施実績

一部上場大手メーカー、一部上場マンション分譲(3年目)、一般向け金融教育専門機関(一般向け)、JASDAQ上場ネット広告代理店(新入社員)、大手採用広告業(課長以下全課員)、特殊機器メーカー(階層別)、人材紹介ベンチャー など多数

主なプログラム

13:10~16:50 (13:00開場)
① オリエンテーション
  ・ビジネスゲームの特徴 など
② ショートレクチャー
③ ビジネスゲーム「パースペクティブク」
  ・ゲーム1期~4期
④ 振り返り

受講者・人事様の声

本ページ末尾をご覧ください。

 

本セミナーやコンテンツにご興味はあるけれども、当日の都合が合わず参加できない方は、
申込フォームにてその旨をご連絡頂けましたら、
当社スタッフが直接ご説明にお伺いいたします。

開催日  2012年1月18日(水)
時間  13:10~16:50 開場13:00
会場  BIZ新宿(新宿区立産業会館) 研修室C 
 〒160-0023 新宿区西新宿6丁目8番2号(MAP)
 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」下車5分  
 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」下車8分
費用  無料
対象  定員16名 社員の教育に従事する経営者・人事・管理職の方など
 ※ 同業・個人の方はご遠慮頂いております。
主催  株式会社ヒューマンブリッジ
 カレイドソリューションズ株式会社
講師  黒田 洋介
 カレイドソリューションズ株式会社 

受講者・人事様の声

【研修の講義部分について】
●本当に難しかったです。財務諸表は普段目にしているはずなのに、初めのうちは人一倍理解できていない気がして何度も人事の方に教えていただきました。そしてそのままゲームを真剣に進める内に思っていた以上に理解できるようになっていたことに自分でもとても驚きました。
●テキスト自体もブランクを埋めていく仕組みだったので、自然と頭に入ってきますし、意外にも集中して研修を受けることができました。
●同じ問題のテストを三回繰り返すことで、必然的に言葉が覚えられた。このようなテスト形式は今後も行って欲しい。
●今までは営業利益と経常利益の違いさえも分からず、今期粗利○億目標と上司に言われてもよく分かっていませんでした。本日の研修で財務・会計など自分では学べなかった内容を学ばさせていただいたこと、感謝しております。
 

【研修のゲーム部分について】
●自分自身で作成するとより表について親しみやすさを感じました。
●ゲーム感覚で会社の数字を学べて非常に面白く説明も理解しやすかったです。
●会社の数字という普段意識していない物を見て考えることで自らの業務がどこに直結してくるのか、何が利益となるのかを考えることができて良かったと思います。
●業務中に他社の経営状態をしらべ交渉に使えという指示を頂いたことがあったので、これで少しは見ることができるかと思います。
●今まで漠然としてしかしらなかった財務諸表について触れることができ、ゲーム形式で興味も持てた。少し独学で勉強してみたいと思う。
●講義ではピンとこなかったことがゲームで理解できて嬉しかった。今後は会社を経営する視点も必要になってくる。
●用語等自分の勉強不足を思い知らされた。しっかりと復習したいと思う。
●講義では言葉の意味しか理解できませんでしたが、グループワークで何から何を引けば求められるのかや、利益を上げるためにはどんな戦略でいくらのお金が動き、人件費としていくらかかるのかなど具体的になりました。今までは本来なら知っておくべき会社の数字から逃げてしまっていましたが、今回の研修で見方がわかったので、今後はしっかりチェックしたいと思いました。
●今までの研修で一番楽しく学ぶことができました。
●経営という視点で見るとバランスがとても大切であることに気づきました。また、黒字倒産という会社がメディアで取り上げられているのも、実際数字を活用してみて学ぶ物が多かったです。
●はじめは数字を埋めることで精一杯でしたが、三期頃になると要領が理解でき会社の売上を考えながら話し合うことができたと思います。
●ただ、仕入れて売ってだけでは会社は成り立たないんだなぁと思いました。
●特にこの研修は、ゲーム感覚で経営者としての考えを疑似体験でき、加えて財務諸表の作成能力も身につくという非常に取り組んでて面白い物でした。
●苦手意識がありましたが、最後にはBS/PL/CSを読み取れるようになり、勉強になった。
●講義は非常に難しい内容でしたが、後のゲームを通じて、その意味が理解できて、とても良かったです。エンジェル投資家の裏ルールを知ったときに、知らないではすまないこともあるので、注意することの大切さも知りました。
●会社の数字の見方が受ける前より変わった!
●4期分の財務三表を作るという作業を通じて、いかに会社が利益を生み出し続けることが難しいのかも実感できたように思う。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.4.19

    【実績の上がらなかった営業がみるみる変わる! 】営業職コミュニケーションアップ研修体験セミナー

    営業職の課題「真面目に一生懸命、日々勉強もし、スキルアップしているはずなのに、なかなか営業の成績...
  2. 2019.4.9

    【第10回 新卒採用担当者向け交流会】他社採用担当者は今何をしてる? 採用に必要な「口説き力」とは?/5月21日(火)15:00~18:00

    20卒採用本格START20卒採用もだいぶたち、皆さんの会社での初動はいかがでしたでしょ...
  3. 2019.4.9

    組織レジリエンスの高め方セミナー 5月22日(水)15:00~18:00

    セミナーの特徴●社員がイキイキと働ける環境を理解できる●組織開発の潮流を知ることが出...