●2011年2月14日HRセミナー開催!『もしもドラッカーがマネジャー研修を企画したら』 ~「強み」と「エンゲージメント」で人と組織を鍛える研修体験セミナー~

  • 2011.1.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRセミナー
『もしもドラッカーがマネジャー研修を企画したら』
~「強み」と「エンゲージメント」で人と組織を鍛える研修体験セミナー~

概要

「企業は人なり」という言葉当たり前になっている今、利益創出と人材育成は切っても切り離せません。ただ近視眼的に見ると企業業績と人材育成への取り組みは矛盾することも多く、経営者や教育担当者は大変な葛藤を強いられる中、様々な意思決定をしています。 そこで、注目されているのが「エンゲージメント」という概念です。
 
企業の指標には表れにくい会社・職場と従業員の間にある感情的な結びつきのことで、これを向上させることが企業業績の向上と人材育成を同時に実現させるための有効な手段として取り組みがなされています。  このエンゲージメントは、マネジメントの神様と言われるドラッカーが先だって力説していたことそのものであり、エンゲージメント向上に取り組むことは、ドラッカーの本質的なマネジメントを実践することにもなります。
 
本セミナーでは、ドラッカーマネジメントから見るエンゲージメントと、エンゲージメントのベースとなっているポジティブ心理学の解説を交えながら、どうやってエンゲージメントを向上させていくか、そしてエンゲージメント向上の要である「強み」の活かし方を、一部体験をしていただきながらお伝えいたします。

こんな方に必見です

 エンゲージメント、ポジティブ心理学という言葉を知らない
 エンゲージメントを向上させる具体策とは?
 「強み」とは何か?どうやって「強み」を活かすのか?
 ドラッカーの理論を人材育成に取り入れたい
 マネジャー研修に新しい息吹を吹き込みたい

主なプログラム

① ドラッカーとエンゲージメント(ポジティブ心理学)
② ポジティブ心理学とは
③ エンゲージメントとその効用
④ エンゲージメントを向上させる「強み」マネジメント
⑤ トレーニングプログラムの体験&ご紹介

講師プロフィール

小屋 一雄 氏
ユーダイモニアマネジメント株式会社 代表取締役
一般社団法人日本ポジティブ心理学協会 理事

日系自動車メーカー、米国系自動車メーカー(デトロイト本社)、外資系ラグジュアリーブランドなどでマーケティングマネジャーを担当。またギャラップ社では日本における創業メンバーとして参画し、ストレングス・ファインダーを使った人材育成、コーチング、組織変革コンサルティングに従事。現在は独立系のコンサルタントとして活躍中。サンダーバード大学院経営学修士課程(MBA)修了。
神戸大学の金井寿宏先生の著書『人勢塾』(小学館)でその講演内容が紹介される。ペンネーム萩原一平による著書に『できる人になる3分間マネジメント』(中経出版)がある。

 
本セミナーやコンテンツにご興味はあるけれども、当日の都合が合わず参加できない方は、
申込フォームにてその旨をご連絡頂けましたら、
当社スタッフが直接ご説明にお伺いいたします。

開催日  2011年2月14日(月)
時間  13:30~17:30 開場13:00
会場  築地吉本ビル5階
 〒104-0045 東京都中央区築地3-7-1
 東京メトロ日比谷線 築地駅  3,4番出口 徒歩2分
費用  無料
対象  定員20名 社員の教育に従事する経営者・人事・管理職の方など
 ※ 同業・個人の方はご遠慮頂いております。
主催  株式会社ヒューマンブリッジ
講師  ユーダイモニアマネジメント株式会社
 代表取締役 小屋 一雄 氏

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020.9.10

    【第13回 新卒採用担当者向け交流会】他社担当者は今何をしてる?会えなくても離さない!! オンライン採用に必要な学生の「グリップ力」とは?/10月22日(木)15:00~17:00

    21卒採用の現状21卒採用は新型コロナウイルスの影響が大いにあったかと思いますが、いかがでしたで...
  2. 2020.9.9

    【無料研修体験】リモートワーク時代のマネジメント ~部下から「管理職っていらないんじゃね?」と言われている現実が見えていますか?~※オンライン開催 10月21日(水)15:00~17:00

    以下に1つでも当てはまる方は是非ご参加ください!●マネジャーと部下とのコミュニケーションが円滑に...
  3. 2020.8.26

    《ウェブ講座》戦略人事は知らなきゃイケない! ”計数感覚”養成講座 ※全4回 すべて19時スタート 初回10月8日(木)

    経営環境が激変し、働き方改革の流れも、一挙に進展・変化し、混沌としてきました。